blog-img

経験

【経験談】撮影モデルの探し方と料金相場【インスタグラムが最適】

こんにちは。佐藤浩行です。

この記事を書いているぼくは、美容師9年目で現在はフリーランスとして仕事をしています。

 

美容師としてヘアスタイルやポートレートの撮影をはじめて4年目になります。

撮影モデルはインスタグラムのメッセージから依頼して50人以上の方と撮影をしてきました。

なので、このブログの信頼性に繋がると思います。

 

ぼくのインスタグラムは下記です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

フリーランスの美容師として仕事を再開🔅 8年間、美容室で働いて退職しました。 美容師の多くは独立して自分の店を出すか、今の場所で働き続けるか場所を変えて働きます。 でもぼくは将来がどうなるのかわからないような「新しいことをするほうが楽しい」と思います。 ぼくの中で将来はこうなっていくと想像できてしまう未来がつまらないからです。 8年同じ美容室に働き、将来を考えるとあまり楽しみではない。 と、当時ぼくは思いました。 美容師の業界でもフリーランスや副業など働き方が増えてきています。 ぼくはフリーランスを選びました。 この先、不安もありますがワクワクしたり、楽しいと思えることをしていきます。

佐藤浩行さん(@hiroyuki___sato)がシェアした投稿 -

 

「仕事とか趣味とかインスタの写真を撮るために、モデルさんにお願いして撮影したいけど、どこで探せばいいんだろう?お金はどれくらいかかるの?」と、撮影モデルの探し方や料金の相場が気になる。

 

そんな方に向けて本記事では、下記の内容を解説します。

 

 

撮影モデルの探し方と料金の相場

blog-img

ぼくの経験をもとに、撮影モデルの探し方と料金の相場を解説します。

 

撮影モデルの探し方【依頼の内容】

まず、撮影モデルの探し方と依頼の内容です。

 

モデル探しはインスタグラムが最適

モデルさんは、インスタグラムから探しましょう。

モデルが所属している仲介会社よりも、インスタグラムの方が撮影経験のあるモデルさんが圧倒的に多いですし、モデルさんの投稿する写真も見やすいです。

それから、フォロワー数やプロフィール欄で撮影経験、雑誌やメディア出演の経験も書かれていることもあるので、なんとなくですが依頼のハードルもわかってきます。

 

実際に、インスタグラムで#サロンモデル、#ポートレートモデルを検索するとたくさん表示されます。

2019年9月の時点で投稿数が#サロンモデルで550万、#ポートレートモデルで83万もあります。

blog-img

blog-img

そこからモデルさんのアカウントにいき、フォロワー数やプロフィールを確認していきましょう。

 

撮影モデルを探す流れはおすすめユーザーからが便利で簡単

ハッシュタグからでも良いですが、モデルさんのアカウントから下記のおすすめユーザーを見て探すほうが便利です。

blog-img

「フォローする」の欄からタブメニュー▽をタップするとおすすめユーザーが表示されます。

ハッシュタグから探すと、エリアが違ったり同じアカウントの投稿が多くて分かりづらいので、おすすめユーザーからがおすすめです。

 

簡単な流れが下記です。

  1. 気になるハッシュタグで検索
  2. エリアが同じ撮影モデルを探す
  3. そのアカウントに撮影モデルをお願いしたければ、メッセージを送る
  4. また探すならおすすめユーザーから見る

これの繰り返しです。

 

自分の感覚ですが、10人送って1人返事が返ってくると思ってください。 返事がないことを考慮して別のモデルさんにもメッセージを送りましょう。

 

メッセージはできる限り詳しく記載して送りましょう

メッセージに送る内容は、書けることをすべて書いて送りましょう。

モデルさんも何度もやりとりするのが面倒だからです。

実際にぼくが送っていた内容がこちらです。

blog-img

内容の項目をツイートしました。

  • お詫び文
  • 自分が何者か
  • 何のモデル依頼か(ヘアスタイルなど)
  • 謝礼金と交通費の有無
  • 日程と何時からか、撮影時間は?
  • 終了時間とトータル時間
  • 写真の用途(ホットペッパーやインスタ)
  • お詫び文

事前に書ける内容はすべて書いて、モデルさんとのやりとりが少なくて済むように気をつかう必要があります。

 

撮影モデルの料金と相場【経験談】

続いて、メッセージに記載する料金と相場について解説していきます。

 

謝礼金は3000円から1万円が多いです

ぼくが依頼する時に記載した謝礼金は、モデルの方によって違います。

だいたい、3000円から1万円。プラスで交通費を負担していました。

50人以上のモデルさんに依頼して上記の金額が多かったです。

3000円+交通費が最も多かったのですが、中には5000円や1万円でないと受けないというモデルさんもいます。

blog-img

blog-img

謝礼金が高い可能性があるのは、下記のようなモデルさんです。

  • フォロワー数が1万人を超えている
  • プロカメラマンとの撮影経験が多い
  • 雑誌やメディア出演の経験がある
  • 事務所に所属している

一概にはいえないですが、だいたいこんな傾向です。

 

謝礼金の高すぎは怪しくて怖がられます

メッセージの内容に書く謝礼金は高すぎNGです。

依頼主が男性なら尚更、高いギャラで何をされるか普通に怖いです。

モデルさんから聞いた話ですが、1万円や2万円など高すぎると「何されるか怪しくて怖い」とのことです。

実際、撮影の現場で盗撮や露出の高い衣装を強要されて、怖くて嫌な思いをしているモデルさんもいます。

怖がらせたり、嫌な思いをさせるなど人として絶対にしてはいけません。犯罪な上に、モデルさんのコミュニティでうわさが広がるのでやめましょう。

 

交通費は負担しましょう

交通費を負担しないのは、不親切です。

負担するほうが親切です。撮影モデルの依頼を受けてくれる可能性が上がります。

というのも、多くのモデルさんはフリーで仕事をしていることが多く、交通費を負担するか否かはかなり大きいです。

たとえば、勤めている会社で移動の交通費が自己負担はなんか嫌ですよね。

それと同じようなものです。

 

撮影モデルを依頼する時間の目安

撮影モデルを依頼する時間の目安を解説します。

 

時間の目安は1時間から2時間です

撮影の時間が2時間以上は長いです。会社の撮影ならまだしも、個人では長いです。

普通にお互い疲れます。撮影する時間が長いとモデルさんの表情に疲れが出てきます。

ちなみに、ヘアセットは30分もすれば髪がダレてきます。

そして、自分も疲れて撮影の集中力がきれますし、辛抱強く撮ればいい写真ができるわけではないです。

これはぼくの持論です。

 

撮影時間はできる限り短くしましょう

撮影時間は短くする。モデルさんの予定も考えましょう。

モデルさんも忙しいです。

実際に聞いた話ですが、撮影をよくするモデルさんは1日に多くて5回も撮影スケジュールを組んでいます。

長々とせず、サクサク撮影していきましょう。

 

撮りたい時間帯がある方は下記を参考にしてください。

  • 撮りたい時間帯がある場合は、モデルさんと日程を調節しましょう
  • 気候や日差しなどは事前に調べておきましょう

 

 

撮影モデルの依頼のコツは投稿の写真

blog-img

モデルさんがメッセージをみる

送ってきたアカウントに飛ぶ

どんな投稿を挙げているのか見る

上記が当然の流れです。

では、解説していきます。

 

インスタグラムに投稿している写真が大切

インスタグラムに投稿している写真は、信用に繋がります。

モデルさんからしたら、メッセージが送られてきたアカウントがどんな写真を投稿しているのか気になるのが当然です。

モデルさんの好みの雰囲気に合えばベストです。

少なくとも怪しいそうな写真ではなく、信用されるような写真を投稿するように心がけましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

【ヘアスタイルをSNSに上げる場合は一眼レフにこだわる必要はない】 「少しでも写真を綺麗に撮ってSNSに上げたい」 だからカメラもこだわって良いものを使いたい。📸 でも、SNSに上げる写真は一眼レフにこだわる必要はないです。 SNSやホットペッパーなどに上げる写真の画質は自動的に劣化するからです。 どんなに高画質で撮っても圧縮処理されます。 🔻インスタグラム 縦長:幅1080×高さ1350(ピクセル) 横長:幅1080×高さ566 (ピクセル) 正方形:幅1080×高さ1080 (ピクセル) 🔻ホットペッパースタイル写真 縦長:幅308×高さ410 (ピクセル) 上記のピクセルで圧縮処理されるのでスマホで見る分には一眼レフでもスマホでもあまり変わらないです。 けれど画像編集に注力したり💻 遠くのものをズームで撮ったり🌓 夜景やライティングで撮るなど📸 一眼レフで表現したほうが綺麗に撮れる場合もあるのでそれを踏まえてどちらで撮るか選択すると良いです。 🔅ちなみに自然光でヘアスタイルを撮ってスマホで見る場合はスマホカメラでも背景をボカせれば一眼レフとあまり変わらないです。 インスタグラムでは多くの綺麗な写真があります。 そんな写真を撮れるように一眼レフだけではなくスマホカメラで手軽により多く撮って「試行錯誤」を繰り返していち早くSNSに上げることも大切です。

佐藤浩行さん(@hiroyuki___sato)がシェアした投稿 -

上記のようなフォロワー数の多いモデルさんを1度でも撮影をしていると、ほかのモデルさんも撮影の依頼を受けてもらえやすくなります。

 

自分のフォロワー数は気にしなくてOKです

自分のフォロワー数も多くなきゃダメなんでしょ?

という意見もあると思います。

しかし、フォロワー数よりも上記で述べたとおり、どんな写真を投稿しているかが大切です。

フォロワー数よりも投稿している写真が好みに合うか、信用できそうかをモデルさんは見ています。

ちなみに現在のぼくのフォロワー数がこちらです。

blog-img

フォロワー数は237人と、けっこう少ないです。

それでも、1万人以上のフォロワーがいるモデルさんでも撮影の依頼を受けてくれます。だいたい5人に1人は返事があります。

投稿している写真はモデルさんの撮影のみです。

 

インスタ以外で撮影モデルを探す方法と写真の購入サイト【おすすめ】

インスタグラム以外にも撮影モデル探す方法や簡単にインスタに投稿する写真を購入できるサイトがあります。

美容師にとくにおすすめです。

中にはきっと、

インスタグラムのメッセージから撮影モデルの依頼をするのは、ちょっと抵抗が、、、

という方。

または、下記のような方におすすめです。

  • インスタから依頼のメッセージを送ったけどかえってこない
  • モデルさんのレスポンスが悪い
  • インスタグラムの投稿にモデルさんを撮影した写真が少ない

そういった方は見てみてください。

 

撮影会:kawaii collection(カワコレ)

blog-img

  • 料金の相場:6000円〜8000円
  • 時間:野外撮影は80分、スタジオ撮影は60分

kawaii collection(カワコレ)は登録モデルの人数がまだ少ないですが、今後に期待です。

 

サロンモデル:Tokyo SALON MODEL-東京サロンモデル

blog-img

  • 料金の相場:1000円+交通費〜5000円+交通費
  • 時間:応相談

Tokyo SALON MODEL-東京サロンモデルは登録モデルの人数も多く、1000円+交通費から依頼することができます。

さらに、おすすめな理由が美容師に向けて下記の内容が書かれていました。

ですがそんな簡単にサロンモデルが見つかるようになったからこそ、逆に大きな問題点が浮かび上がるようになりました。

モデルの当日・前日キャンセルです

誰でもサロンモデルになれる(名乗れる)ようになったんです。
ちょっとビジュアルが良ければ、毎日のように美容師さんからオファーが入ります。
その結果、バイト感覚以下のモデルも多数います。

街頭キャッチでフェイスTOフェイスで「一緒に作品を作る」意識が強かった時代と比べ、「自分のインスタの見栄えが良くなるから」程度に考えているモデルもいます。

つまり、「顔も知らない相手」から「たくさんオファーがくる」ので、さも簡単に当日・前日キャンセルをしてしまうのですね。

とてもうなずける内容で好感が持てます。

 

サロンモデル:Coupe-クープ

blog-img

  • 料金の相場:1000円+交通費〜5000円+交通費
  • 時間:応相談

Coupe-クープも登録モデルは多いです。登録モデルの一覧では、写真が統一されているので見やすく、写真も信用できます。

 

ヘアスタイル写真の購入に:Hair model bank-ヘアモデルバンク

blog-img

  • 料金の相場:一枚あたり3000円から4000円

美容師は、SNSを使って発信をすることが多いのでヘアスタイル写真が買えるのは便利ですね。写真もけっこう良質で使いやすそうです。

 

 

まとめ:撮影モデルの探し方と料金の相場

ポイントをまとめます。

  • 撮影モデルの依頼は、インスタグラムのメッセージからが最適です。
  • メッセージは、できる限り詳しく記載して送りましょう。
  • 料金の相場は、3000円から1万円以内が多いです。交通費も負担するべき。高すぎ注意です。
  • 撮影時間の目安は、1時間から2時間です。
  • インスタグラムの自分のフォロワー数よりも投稿している写真が信用に繋がります。

ヘアスタイルやポートレート撮影はどんなモデルさんを撮るかで写真の雰囲気が大きく変わります。

自分の撮りたいイメージに合ったモデルさんを依頼すること。

そして、メッセージのやり取りや撮影中などお互いが気持ちよく撮影ができるようにモデルさんへの気遣いと、納得のいく撮影にしていきましょう。

-経験
-, , , ,

Copyright© HIROYUKI BLOG , 2020 All Rights Reserved.